東京 吉祥寺 理学気功 気功整体 子宮筋腫 内膜症 生理痛 PMS 手湿疹 冷えとり 育児 子供のアトピー 小児ぜんそく 夜泣き 夜尿症 つわり 産後の不調 不育症 逆子 腰痛 頭痛    

冷えとりとは

冷えとりとは



「冷えとり」は、『理学気功』に於ける患者さんの生活指導には、無くてはならないものになっています。


病院での冷えとり実践効果


二十数年前に大阪市立病院の副院長をやっていた進藤義晴氏が、初めて一冊の本にまとめた民間療法です。当時の患者さん達に「冷えとり」を実践させたところ、患者さん一人当たりの施術回数や薬の使用量が余りにも減少し、病院の経営を危うくさせるということで進藤先生は病院を辞めざるを得なくなった ― というくらい様々な症状に効果があります。


事実、臨床でも数々の驚くべき効果を確認しています。糖尿病、痔疾患、胃腸病、婦人病、心臓病など、いずれも薬を必要としない状態まで改善しています。


もちろんですが、しつこい腰痛や肩こりが簡単に改善する例も数多くありました。今では患者さんの7割が実践して本当の健康状態を味わっています。「冷え」というと皆さんはすぐに「冷え性」をイメージするので、冷えを感じない人には関係ないものだと思ってしまうかも知れませんね。


ところが、ここで言う「冷え」は、上半身と下半身の温度差の激しい状態のことで、自覚している温感とは根本的に違います。誰でも下半身が心臓から遠い事や、冷気が下に溜まりやすく熱気は上にこもりやすいといったことから判断しても、上下の温度差はかなりなものです。


ではなぜ上下の温度差が問題になるのでしょう


第一にはそれがそのまま血行不良や酸欠に繋がるからです。冷えると筋肉が収縮して、血管が圧迫されて血行が悪くなるので、動脈なら細胞は酸欠や栄養不足になり、静脈なら老廃物や毒素が停滞して排泄されなくなります。


第二には陰と陽に分かれている「気エネルギー」の、陽の気は上から下へ、陰の気は下から上へという流れが滞るからです。実は陽の気は暖かいところを好み、陰の気は冷たいところを好むので、上下体温差が大きいと陽の気は下へ行けず、陰の気は上へ行けないという事が起こるのです。


その結果、「自然治癒力」としての「排毒機能」が低下して内臓に『毒』が溜まり「病気」になるのです。

冷えやすい足元を暖めてやると、体温差が縮まって、気エネルギーの流れが回復してくる為、「排毒作用」が高まり症状が出る度に、体調が少しずつ良くなっていきます。



次に、自分で出来る冷えとりをご参考下さい

body[1]

以下の文章は進藤先生の言葉です。



「私達は誰でも病気を治す力(自然治癒力)を持っており、そのためにからだはいつも働いています。病気を治すという事は、体(内臓)に溜まった毒素を外へ出す事であり、これを[毒出し]と呼んでいます。


西洋医学では逆に症状を押さえ込む方法をとっていることもあって、毒出しという考え方は理解されにくいようです。
例えば、鼻水が出るという症状は病気そのものではありません。胃と肺に病気があり、これを治す為に胃と肺の毒素が鼻の粘膜から出ている状態(毒出し)なのです。ですから、どんどん鼻をかんで鼻水を出した方が早く病気が治ります。


病気とは主に肝臓・心臓・消化器・肺・腎臓の五臓が悪いことを言います。そしてこの他の器官に出る症状は全て、五臓のどれかの病気の毒素が出ている状態なのです。つまり、症状の全ては[毒出し]だという事です。


排毒の方法はそれぞれの臓器によって違う為出る症状も、下痢、湿疹、発熱、腰痛、肩コリ、頭痛、鼻血、耳だれ、血尿、眼病、歯痛など様々です。しかし、これらのからだに表れる症状は全て、例外なく排毒なのです。


いろいろな症状が出ている時は、苦痛や不安が大きく、早くこれらから逃れたいという思いが強くなります。そして、多くの人は一番楽な方法である薬を使って、症状(排毒)を止めてしまいます。しかし、一時的に苦痛は消えても、毒素はそのままですから長い年月の間に毒素は溜まり続け、一般に成人病といわれる、癌・高血圧・心臓病など、とりかえしがつかないと思わせる重い病気へと悪化していきます。


病気の原因は私達の毎日の生活の中にあります。食べ物、服装、住まい方はもちろん、ものの考え方(性格)まで含めた、間違いの繰り返しで病気になっていきます。つまり、病気は自分で引き起こしているのです。これまでの生き方を反省し、変えていかない限り病気は治りません。症状には排毒の他に病気を治す上で精神力を養う”鍛錬”という意味もあるのです。


真剣に冷えとりを実行していくと排毒の力が高まって、これまで余り出せなった毒が大量に出てはやく症状が消えます。また、自分では耐えられないと思うような症状でも、嫌がらないで出来るだけ喜んで毒を出していると、ストレスからくる心の毒は作られないため、早くよくなります。こうして、ひとつづつ症状を乗り越える事によって、必ず病気は治ります。そして、それと共に精神力も養われ、これまでの生活や自分の性格もしっかりとしたものに変わっていくでしょう。」
(詳細は、海竜社:進藤義晴著『医者知らず「冷えとり」で完全健康人生』 をご覧下さい。)



冷えとりを実践している方、これから始められる方へ


施術を受けることで、排毒力がとても強くなります。
まずは体験施術(有料)へGO!  

『冷えとり』専門ブログ 「新・理学気功的気まぐれ言いたい放題
院長 萱沼(ヒエトル)の日記もご覧下さい!「冷えとり」を深く掘り下げて、「こころ」についてや初心者が陥りやすいポイントなど、ヒエトル萱沼が日々気づいたことを書いてみました。

  
 

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional