東京 吉祥寺 理学気功 気功整体 子宮筋腫 内膜症 生理痛 PMS 手湿疹 冷えとり 育児 子供のアトピー 小児ぜんそく 夜泣き 夜尿症 つわり 産後の不調 不育症 逆子 腰痛 頭痛    

プロフィール

プロフィール

auto-qzCfqi[1]

心身総合セラピスト 萱沼 喜市郎(かやぬま きいちろう)です。

モットーは「医療の主役は患者さん」吉祥寺と山梨を拠点にしています。
患者さんの日常の不安に寄り添い、女性や子供の症状を中心に、脳・内臓・骨格・筋肉・呼吸を軸に、冷えの改善と排毒促進を追求しています。

自分の病気に関する経験と臨床経験からいうと、マクロ(全体)で診る東洋医学と、ミクロ(数値やデータ)で診る西洋医学、その間の立場で患者さんに接することが必要だと考えます。

患者さんひとりひとりの本来の自然治癒力を引き出すことで、薬に頼らず、医者に頼らず、自分のカラダは自分が一番よくわかる。と、言えるくらい自立した状態で、健やかに過ごせる。と言うのが本来あるべき姿だと思っています。

「理学気功」は「こころ」と「からだ」を全く同一のものと考え、自然の流れに従った「手助け」をします。

勇気や希望が生まれる「きっかけ」が出来るはずです。

つらい症状でお悩みの方は、ゆっくり最後までホーム・ページをご覧下さい。
そして、どんな些細な事でもメールにてお問い合わせからご相談下さい。
心からお待ちしています。

理学気功は応援します。


『冷えとり』専門ブログ 「新・理学気功的気まぐれ言いたい放題

院長 萱沼(ヒエトル)の日記もご覧下さい!「冷えとり」を深く掘り下げて、「こころ」についてや初心者が陥りやすいポイントなど、ヒエトル萱沼が日々気づいたことを書いてみました。



吉祥寺中欧・理学気功院
東京都 武蔵野市 吉祥寺南町 5-3-21 2F  
電話 0422(43)1266


中欧整体院
山梨県 富士吉田市 下吉田 463          
電話 0555(23)5658

経歴


 
・0歳 1963年7月1日、「富士山の山開きの日」に富士山の麓の山梨県 富士吉田市に「富士山の申し子」として生まれる。

・22歳 東洋大学 経済学部 卒業

・26歳 仕事上でストレスが溜まり体調を崩し、大学病院を3ヶ所転々したが原因不明。自律神経失調症と診断されるが、施術法は投薬のみで年々悪化。

・29歳 家族からも『怠け病』扱いされたことで、民間療法の書籍を読み漁り、数々の施術を試すが、変化が無い 。

・31歳 インスピレーションから『断食』と『玄米正食』で自ら治す決意をする。断食後に40度の高熱が2日続き、それを機に完全に復調。施術家になることを決意する。その後1年間は厳格に『玄米正食』を続ける。

・32歳 東京整体療術学院卒業。直ぐに施術活動を開始。

・33歳 東洋オステオパシー学院卒業。
同年 『連動操体法』創始者の根本良一先生に師事。

・35歳 施術家養成のための講習を開始。操体法とオステオパシーを軸に指導。

・36歳 休診日の総ての時間を医学・療術系のセミナーに充て、臨床研究に明け暮れる。

・37歳 『気』の存在を確信すると共に『冷えとり健康法』の進藤義晴先生に出会い、自然の『理』と施術家としての明確な方向性を得る。
同年 「スリー・イン・ワン コンセプツ」に於けるストレス解放技術を習得し、「こころ」の施術を本格的に開始。平行し「タオ指圧」の遠藤喨及先生との出会いによって『経絡』と『気』を完全に施術に活かすことが可能となる。

・39歳 東京・吉祥寺で「吉祥寺中欧・理学気功院」開院。

この度は、当HPを訪れていただきまして本当に有難うございます。 当院では日本人の『健康観』に日頃から危機感を感じながらも、様々な施術法や自己療法を研究して来ました。そもそもは、以前私が「自律神経失調症」自律神経失調症について)と診断され、試行錯誤の上、「断食」を行い、結局は民間療法といわれる部類の方法をきっかけに完治した経験があるからです。


単純に「痛み」や「症状」を取り除くことこそが、医療であると信じる人たちが大半であることは、紛れも無い事実でしょう。しかし、多くの症状は取り除く事が出来ずにいるのも、また事実なのです。「楽に簡単に症状が無くなる方法」を求めて、日々人々はさまよっているのです。ここではっきり云えることは、そんな方法など絶対に存在しない、という事だけです。


未来永劫、人間が人間でいる以上は有り得ないという事です。物理の世界に『エントロピー増大の法則』というのがありますが、これは「総ての物質は活動時に必ず、ある種の【汚れ】を発生させる」という理論です。人間も例に漏れず、活動に伴って体内に【汚れ】が発生します。しかも、人間も含めた、この地球全体はその【汚れ】を捨て続けること無しには活動を維持できない仕組みになっています。人間も体内に溜まった【毒素】を排出するシステムが停止すると、死んでしまう事になります。


このHPのなかでは、大自然の法則から気付いた情報を広く公開し、意見交換の場にしたいと考えています。その上で当院の施術や当院の講習に興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional